G折込

G折込TOP > どの新聞を選べばいいの?

訴求すべきターゲットに的確に届くように。
その確率を少しでも上げるために新聞の種類や購読者の特徴、地域性は大切な情報です。

極端な話ですが、「求む!土地の売却」という折込チラシをZ新聞に折込んだところ、Z新聞の購読者全員が土地を所有しておらず賃貸マンションに住んでいた。という場合、その広告費は全くの無駄になってしまいます。

こんなケースはまずありえませんが、新聞銘柄や地域の傾向をつかむ事で折込広告の効果の向上に必ず結びつくとG折込では考えています。

全国には100種類以上の新聞があります。

その新聞銘柄の購読者の傾向や折込広告を実施しようとしている地域で一番購読者が多い新聞は何かをG折込ではリサーチし、ご希望に沿う折込チラシ配布プランの提案をしております。


新聞銘柄の特長

一都三県で流通する新聞を中央紙(全国紙)、各地方で流通する新聞の中でも販売地域が複数の都府県に跨がる新聞をブロック紙(地方紙)、上記に該当しない新聞を地方紙(県紙)と呼びます。

ブロック紙と地方紙は総じて全国紙に対する新聞という意味合いで地方紙と呼称されることも多く、その特長は下記の通りです。


中央紙(全国紙)

東京に本社を置き、朝日・読売・産経・日本経済・毎日の5紙を中央紙(全国紙)としています。
規模が大きく、全国的に影響力の強い新聞であるといえます。販売網や記載する記事の傾向から購読者層にも大まかな傾向があります。

朝日新聞・・・幅広い世代・職種の人々に読まれている。新聞発行部数業界2位。
読売新聞・・・新聞発行部数業界1位。折込チラシが入る量も多い
毎日新聞・・・文字が大きいことで高齢者に好まれる傾向がある。
産経新聞・・・商工サービス業に需要が多い。
日本経済新聞・・・経済紙のため、株価など経済や産業関連の記事が多く、事務職や管理職に好まれる傾向にある。


地方紙

発行するエリア自体は全国紙に及ばないものの、特定のエリアでは全国紙より購読者のシェアを持っていることが殆どで、関東地方の一都三県を除いた場合に折込広告を実施するに当たっては必ず考慮に入れるべき新聞です。発行するエリアが県をまたがっており、発行部数の多さや影響力の強さからブロック紙と呼ばれる新聞もあります。
その地域の情報が豊富な為、読まれやすいという特長があります。

【ブロック紙】
北海道新聞、中日新聞、東京新聞、西日本新聞をさすことが多い。東京新聞を除く3紙は北海道・東海・九州において一部エリアでは発行部数を上回る新聞があるものの、地域住民に購読されている事が多いため、当該エリアでの折込広告実施に当たっては重要なメディアであるといえます。

【その他地方紙】
各県下もしくは市下において購読者のシェアが高い新聞で、全国紙を凌ぐ購読者を有していることも多い。特にブロック紙が無い地域ではその傾向が強く見られます。群馬県の上毛新聞や宮城県の河北新聞、広島県の中国新聞など。


折込チラシを配布する新聞の選び方

結局それぞれに特性があるし、どうすればいいのかわからないよ!という方に、もっとも基本的な折込チラシの配布エリアの選び方をご提案します。

「ターゲット」「商圏全域をカバー」「狭域の商圏を優先」の3つの中から、今回の折込チラシの内容や事業の特性に当てはまる物が何かを検討します。
上記3つの中から選択した内容に添って新聞銘柄を選択していくと折込エリアをより明確に考えやすくなります。


ターゲットを優先する

この場合、例えば高額商品の販促チラシの場合、ターゲットの年収がポイントになります。
購読者の年収が平均約900万円の日経新聞を選び、さらに商圏内で世帯年収が高い地域に折込を行なうことで効果の向上が見込めます。


商圏全域をカバーする事を優先する

この場合、商圏内で一番多く購読されている新聞を選択し、その新聞の販売店が商圏内を網羅するように折込チラシ配布エリアを作成します。その上で折込チラシの配布枚数やご予算に余裕があれば、今度はそのエリアで二番目に読まれている新聞を選択し、同様に折込チラシの配布エリアを広げていきます。こうする事で商圏が広い場合であっても全域に情報を伝えることができます。


狭域の商圏を優先してカバーする

この場合、周辺地域住民に満遍なく、くまなく届く事が重要です。
その為、できる限り新聞は全てを選択して商圏内をカバーしていきます。

もちろん、折込チラシを配布する新聞の選び方は上記の3つだけではありません。例えば、朝日新聞に1回目は配布し、次回は読売新聞に配布することで反響をテストするなど、方法は様々ですので、お悩みになる前にG折込までお気軽にお問い合わせください!


土地感が無い地域に折込む倍

折込広告はそこに新聞購読者がいる限り、基本的に日本全国を対象に実施する事が可能です。
住んでみたことも無い土地に折込チラシを配布するにはそこがどんな土地で、どんな新聞があり、 その新聞がどれだけ読まれているのかを知る必要があります。わからないからといって全国紙に折込チラシを入れようと思ったら、全然読んでる人が居ないなんてことも。

ですが、ご安心下さい!

G折込では当然、地域毎の新聞発行数データを持っておりますし、各地域に提携先がございますので、その地域の特性を加味した上で折込チラシ配布プランをご提案させて頂きます!


折込広告・チラシ印刷が初めてのお客様にも安心して頂けるよう、広告主様の商品、特徴、
そしてご予算に応じて親切・丁寧にご提案させていただきます。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせはこちら
copyright 2014 G.F.G inc. all rights reserved